気になるまとめ

ニュース中心だけどジャンル不問で暇な時間を潰すためのまとめサイト

    海外

    1: 気になるまとめ 2020/07/08(水) 04:39:40.85 ID:GYIQG4vc9
    アメリカ政府高官は7日、NHKの取材に対して、トランプ政権がWHO=世界保健機関から来年7月6日に脱退することを国連のグテーレス事務総長に正式に通知したことを明らかにしました。トランプ政権は、WHOの新型コロナウイルスへの対応が中国寄りだとして批判し、脱退の意向を示していました。

    NHKニュース
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200708/k10012502781000.html

    【【アメリカ】米 WHO脱退を国連に正式通知 新型コロナ対策で中国寄り批判】の続きを読む

    1: 気になるまとめ 2020/06/27(土) 13:20:33.37 ID:CAP_USER
    これまで観測されたことがある雷の長さの記録を大きく塗り替える「全長709kmの雷」が、ブラジルで観測されました。この雷は、2007年6月にアメリカ・オクラホマ州で観測された、それまでで最長記録の雷をダブルスコアで抜き去ってしまう規模のものだったとのことです。
    no title


    WMO certifies Megaflash lightning extremes | World Meteorological Organization

    国連の専門機関である世界気象機関(WMO)は2020年6月26日に、ブラジルとアルゼンチンで異なる日に観測された雷の記録を、それぞれ「単一の雷の長さ」と「単一の雷の持続時間」の世界新記録として認定しました。
    no title


    雷の世界最長記録を塗り替えたのは、2018年10月31日にブラジル南部で観測された、長さ709kmの雷です。


    アメリカ海洋大気庁(NOAA)が公開した、人口衛星GOES-16による観測記録の映像を見ると、ブラジル南部で発生した雷が北上しながらブラジル全土を覆っている様子が分かります。

    雷の世界最長記録を塗り替えたのは、2018年10月31日にブラジル南部で観測された、長さ709kmの雷です。
    no title


    アメリカ海洋大気庁(NOAA)が公開した、人口衛星GOES-16による観測記録の映像を見ると、ブラジル南部で発生した雷が北上しながらブラジル全土を覆っている様子が分かります。

    これまで、世界最長の雷は2007年6月20日にアメリカ・オクラホマ州で観測された雷で、長さは321kmでした。そのため、今回の雷は過去の世界記録の2倍を優に超える長さとなります。

    また、WMOは同時に雷の持続時間の最長記録も更新されたことを発表。2019年3月4日にアルゼンチンで観測された雷は、16.73秒間にわたり放電していたとのこと。これまでに観測された雷の持続時間の記録は、フランスのプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏で観測された7.74秒間の雷でした。そのため、今回の発表により雷の長さと持続時間の両方が2倍以上に更新されたことになります。
    no title


    WMOで極端な気象現象についての主任報告者を務めるRandall Cerveny氏は、「今回発表された世界記録は、単一の雷の放電現象についての脅威的な記録です。また、これは自然が引き起こすことができる現象のすさまじさについての生の測定値であるともに、そうした現象を測定できるようになった科学的進歩の証でもあります」とコメントしました。

    一方で、WMOは「今回の記録更新は、雷が非常に広い範囲に及ぶ可能性があるという重大な懸念を強調しています」と指摘し、雷から身を守るための「30-30ルール」の徹底を呼びかけました。「30-30ルール」とは、「2回以上雷が聞こえて、その間隔が30秒以内だったら屋内に退避し、最後の雷が聞こえてから30分は屋外活動を控える」という安全対策です。

    雷にまつわる過去の災害記録としては、1975年にジンバブエで発生した雷雨により、雨宿り中の21人が落雷で死亡した事件が直接的な被害の最高記録として報告されています。また、1994年にエジプト・アシュート県で発生した雷が石油貯蔵タンクを爆発させ、洪水により火のついた燃料が付近の村に流れ込んで469人が死亡した事件が、雷による間接的被害の最多記録となっています。


    https://gigazine.net/news/20200626-lightning-record-brazil-argentina/

    【【画像】「雷の長さ」なんと全長700kmの巨大雷】の続きを読む

    1: 気になるまとめ 2020/07/05(日) 15:56:04.38 ID:biOTWU/u0● BE:811133648-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/syodai_mona.gif
    【7月5日 AFP】インドに住む男性が、国内で拡大する新型コロナウイルスの感染予防として、金のマスクを注文し約4000ドル(約43万円)を支払ったと明かした。

     この男性は同国西部の都市プネ(Pune)出身の実業家、シャンカル・クラディ(Shankar Kurhade)さん(49)。
    金でできたマスクは重さ60グラムで、職人らが8日かけて作ったという。

     クラディさんはAFPに対し、「薄手のマスクで、息をするため微細な穴が開いている」
    「コロナウイルスの感染から私を守るのに効果があるかは分からないが、他の予防策も取っている」と述べた。

     クラディさんは外出の際、金のアクセサリーで着飾るのが好きだ。ブレスレットやネックレス、右手のすべての指にはめた指輪など、重さは計1キロにもなる。

     産業倉庫の製造会社を持つクラディさんは、銀のマスクを着用する男性に関する報道を見て、このアイデアが浮かんだという。

    「人々は私と自撮り写真を撮ろうと頼んでくる」「私が市場で金のマスクを着けているのを見ると、人々は畏敬の念に打たれる」クラディさんはこう語った。

     インドでは、新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるため、公共の場でのマスク着用が義務付けられた。
    同国ではこれまで、約65万人の感染者が確認され、1万8600人以上が死亡した。(c)AFP
    https://www.afpbb.com/articles/-/3292122?cx_part=top_latest
    no title

    【ガチ金持ちのマスクがこちら】の続きを読む

    1: 気になるまとめ 2020/07/02(木) 07:12:15.16 ID:AYbP4uZi0 BE:844628612-PLT(14990)
    sssp://img.5ch.net/ico/ps3.gif
    ‪「金メッキを施された銅だった」過去最大級、83トンもの偽造GOLDを融資担保使用=中国「武漢金凰珠宝」
    https://coinpost.jp/?p=163991‬


    新型コロナウイルスの初症例が確認された中国・武漢市で、新たなスキャンダルが発生した。
    3055億円相当の融資の担保に、偽造された83トンもの金地金が充てられていたことが判明し、湖北省が捜査を開始しているという。

    スキャンダルの震源は米Nazdaq証券取引所にも上場している、金加工業大手の「武漢金凰珠宝」(Wuhan Kingold Jewelry)。
    中国経済メディア「財新」がこの事件の詳細を調査、報道した。


    金担保による融資と保険契約

    財新によると、金凰は、過去5年間に信託会社を中心とする14社の中国の金融機関から、金を担保に200億元(約3055億円)の融資を受けており、
    損失をカバーするための保険契約も結んでいた。

    融資保険を提供したのは、国営の中国人民保険公司(PICC)の子会社。損害保険部門のPICC P&Cをはじめ、
    数社の小規模な保険会社で、300億元(約4583億円)の保険契約が結ばれたという。

    以下略

    【【中国】「金メッキを施された銅」過去最大級83トンもの偽造GOLD】の続きを読む

    1: 気になるまとめ 2020/07/01(水) 22:12:30.44 ID:4Wtx/Rbu9
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000187406.html
    空を覆うバッタの大群VSドローン 「60%退治した」

    空を飛んで農作物を食い荒らすあの大群にドローンで立ち向かいました。

     空を覆い尽くす大量の黒い物体はサバクトビバッタです。5月から東アフリカを中心に大量に発生しているサバクトビバッタの大群は南西アジアのインドにも到達しました。サバクトビバッタは雑食で大群を作ると広い面積の農作物なども食べ尽くすため、食糧難を引き起こす恐れがあります。

    インド政府はドローンを使って大群に殺虫剤をまくなど必死の対応に追われていて、「バッタの60%を退治した。退治するため4機のドローンを配備したが、非常に役立っている」とドローンの効果に期待を寄せています。

    2020/07/01 19:03 テレ朝

    【【インド】バッタの大群VSドローン】の続きを読む

    このページのトップヘ