気になるまとめ

ニュース中心だけどジャンル不問で暇な時間を潰すためのまとめサイト

    雑談

    1: 気になるまとめ 2020/07/03(金) 08:02:05.53 ID:qTQ5guNh9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/435f63e3008ebc14bd59c80513f739136fbe3283
    ──孤立した湖に、なぜ魚がいるのか......

    極乾燥地域に囲まれた孤立した湖や池に、魚はどのように入植するのだろうか。
    「魚の卵が鳥の足やくちばし、羽に付着し、鳥によって遠方に運ばれるのではないか」との仮説が長年唱えられているが、
    2018年に発表されたスイス・バーゼル大学の文献レビューでは「この仮説を示す証拠はこれまでに見つかっていない」とされていた。

    ■ 植物の種は、鳥獣に食べられ運ばれるが......
    ハンガリー・ドナウ研究所(DRI)生態学研究センター(CER)の研究チームは、外来種として広く知られるコイとギベリオブナの卵をマガモに与える実験を行い、
    「マガモに与えた魚卵のうち0.2%が消化器内で生き残り、糞として排泄され、さらにその一部は孵化した」との研究結果を2020年6月22日に
    「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」で発表した。

    鳥獣に食べられ、糞として排出されることで種子が運ばれる「動物被食散布」は植物でよくみられ、2017年に発表された蘭ユトレヒト大学の研究論文でも、
    植物の種子がマガモの糞として排泄され、遠方に運ばれることが示されている。
    今回の実験では、魚の卵にも同様の性質があることが明らかとなった。

    ■ 消化器内で生き残った卵の割合は0.2%
    研究チームは、マガモ8羽にそれぞれコイとギベリオブナの卵500個を与え、75%のマガモの糞から合わせて18個の卵を検出した。
    そのうち12個は生長可能な状態で見つかり、さらにそのうちの3個が孵化に成功した。

    マガモの消化器内で生き残った卵の割合は0.2%と低いが、コイの産卵数は1回あたり最大150万個にのぼり、1シーズンに数回、産卵する。
    タンパク質と脂質が豊富な魚卵は、マガモをはじめとする水鳥の好物だ。シロカモメシロカモ1羽から6万3501個もの魚卵が見つかった例もある。

    これらをふまえ、研究論文では
    「自然界でのカモの個体数の多さや採食、移動をかんがみると、カモの『動物被食散布』が淡水生態系の生物多様性の保全や
    外来種の移入に影響をもたらしているのではないか」と考察している。

    【【生物】孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに】の続きを読む

    1: 気になるまとめ 2020/07/03(金) 07:36:39.037 ID:U3qNrqjQ0
    加藤さん段位高杉

    【藤井八段←うん 加藤一二三九段←!?】の続きを読む

    1: 気になるまとめ 2020/06/28(日) 22:18:13.84 ID:hF7zUntK0
    no title

    【インド「落雷で107人死にました」ワイ「嘘つけや!どんな雷やねん」】の続きを読む

    1: 気になるまとめ 2020/07/02(木) 07:18:30.18 ID:OvolrYQv9
    行方不明になっているサーバルキャット。
    付近では複数の目撃情報が寄せれています。

    先月27日 静岡市の住宅から逃げ出したサーバルキャット。
    体長70センチ茶色と黒のヒョウ柄をした11カ月のオスです。
    市は飼い主の自宅周辺に捕獲器を設置していますが、いまだ行方不明のままです。

    一方で市の動物指導センターには「道路を歩いている姿を見た」「うずくまっているのを見た」などと
    これまでに複数の目撃情報が寄せらており市は周辺に捕獲器を増やしました。

    市によりますと、人に危害を与える可能性は低いということですが、
    目撃しても追いかけず動物指導センターに連絡するよう呼び掛けています。
    no title


    以下ソース:テレビ静岡 2020年07月01日(水)
    https://www.sut-tv.com/news/indiv/5570/

    【【静岡】サーバルキャット行方不明5日目 複数の目撃情報も捕獲できず 静岡市】の続きを読む

    1: 気になるまとめ 2019/08/17(土) 08:46:10.685 ID:7OppBtMW0
    すごい

    no title

    【【画像】レッサーパンダ、可愛い容姿しても中身はフィジカルエリートだった】の続きを読む

    このページのトップヘ