気になるまとめ

ニュース中心だけどジャンル不問で暇な時間を潰すためのまとめサイト

    動物

    1: 気になるまとめ 2020/07/09(木) 15:24:52.48 ID:dYdik+QW9
    2020年7月9日 14時49分(最終更新 7月9日 14時50分)
    https://mainichi.jp/articles/20200709/k00/00m/040/094000c

     愛媛県では50年以上目撃情報がなく県内では絶滅したと思われていた国の特別天然記念物・ニホンカモシカの姿が同県東部の高知県境付近の山中で確認され、生息の可能性が高いことが分かった。野生生物の絶滅危険度をまとめた愛媛県レッドデータブック(RDB、2014年版)では「県内絶滅(EX)」と区分しているが、県は見直しの検討を始める。【木島諒子】

     県RDBなどによると、ニホンカモシカはウシ科で頭胴長70~85センチ、体重30~45キロ。雌雄ともに黒い円すい形の角がある。四国の個体は東北などの個体と比べて小型で毛色が黒いという。環境省が公表しているレッドリストでは、四国地方のカモシカ(ニホンカモシカ)を「絶滅のおそれのある地域個体群」と位置づけている。

     確認情報は18、20年の計2件。18年は、農林水産省四国森林管理局が別件調査で同県西条市の石鎚(いしづち)山系・伊予富士山中に設置したカメラに写っていた。20年は、隣接する同県新居浜市の別子山で、通りかかった会社員の車のドライブレコーダーに映っていた。いずれも成獣とみられるが、同一個体かどうかや雌雄は不明。

     ドラレコの方は、ニホンカモシカが道路上をしばらく走って逃げた後、脇の茂みに姿を隠すまでの様子が動画に収められていた。県自然保護課は、画像・映像による生息確認について「実際に生きている姿が確認できた」と高く評価している。

     これまでの県内発見例は、石鎚山系・高瀑(たかたる)方面で戦後間もないころに捕獲したのが最後で、毛皮は同県総合科学博物館(新居浜市)に保管されている。その後は、実際に姿が確認されたことはなかった。

     一方で、特別天然記念物でもあるニホンカモシカは法律で捕獲が禁じられており、見つけても近づかず、立ち去るよう県が注意喚起している。万が一、けがなどをさせてしまった場合や、動けなくなっているところを見た場合は速やかに県や自治体へ連絡するよう呼びかけている。

    https://cdn.mainichi.jp/vol1/2020/07/09/20200709k0000m040095000p/6.jpg

    【【国内】絶滅していなかった? ニホンカモシカ、愛媛県で50年ぶり確認】の続きを読む

    1: 気になるまとめ 2020/06/30(火) 05:23:29.28 ID:/I/pQ26n9
    近年は中国でもペットを飼う人が増えていて、犬が人気を集めている。なかには秋田犬や柴犬などの日本犬を飼う人もいるようだ。
    日本では「ネコノミクス」という言葉が登場したように、近年は飼育しやすい猫に人気が集まっているが、中国では猫は日本ほど人気ではないという。
    日本以外ではロシアなども猫が人気の国だが、中国メディアの捜狐はこのほど、日本人は「非常に猫好きだ」と主張する記事を掲載し、その理由について分析している。

    記事はまず、日本人が猫好きになったのは「何も最近になってからではない」とし、
    猫の視点で人間模様がユーモラスに描かれている、夏目漱石の小説「吾輩は猫である」などの存在からも、日本人がずっと前から猫に関心を寄せてきたことが分かると主張した。

    また、「猫の額」、「猫の手を借りたい」、「猫は虎の心を知らず」、「猫に鰹節」など、日本には猫が登場する言葉も数多く存在するほか、
    2月22日はニャンニャンニャンで猫の日とされていることなどを紹介。猫という動物は日本人の生活に密着した存在であることが良く分かるとしつつ、
    「日本人がこれほどまでに猫が好きなのはなぜだろうか」と疑問を提起した。

    理由として記事は、猫を見たり撫でたりすると誰もが癒されるが、「日本人は日常生活で大きなストレスにさらされているため」ではないかと考察したほか、
    「他人に迷惑を掛けたくない」という日本人特有の感情により自分を制御しながら生活を送っているため、「自由気ままな猫に魅力を感じ、同時に癒されているのではないか」と分析した。


    中国でも多くの人がペットを飼育するようになっていて、ペットビジネスも拡大している。
    中国で人気なのはあくまでも犬だが、猫の場合は中国語で藍猫(ランマオ)と呼ばれる「ロシアンブルー」が人気のようだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/18490209/

    【日本人はなぜこんなにも猫が好きなのか】の続きを読む

    1: 気になるまとめ 2020/07/02(木) 07:18:30.18 ID:OvolrYQv9
    行方不明になっているサーバルキャット。
    付近では複数の目撃情報が寄せれています。

    先月27日 静岡市の住宅から逃げ出したサーバルキャット。
    体長70センチ茶色と黒のヒョウ柄をした11カ月のオスです。
    市は飼い主の自宅周辺に捕獲器を設置していますが、いまだ行方不明のままです。

    一方で市の動物指導センターには「道路を歩いている姿を見た」「うずくまっているのを見た」などと
    これまでに複数の目撃情報が寄せらており市は周辺に捕獲器を増やしました。

    市によりますと、人に危害を与える可能性は低いということですが、
    目撃しても追いかけず動物指導センターに連絡するよう呼び掛けています。
    no title


    以下ソース:テレビ静岡 2020年07月01日(水)
    https://www.sut-tv.com/news/indiv/5570/

    【【静岡】サーバルキャット行方不明5日目 複数の目撃情報も捕獲できず 静岡市】の続きを読む

    1: 気になるまとめ 2019/08/17(土) 08:46:10.685 ID:7OppBtMW0
    すごい

    no title

    【【画像】レッサーパンダ、可愛い容姿しても中身はフィジカルエリートだった】の続きを読む

    このページのトップヘ